ノープロブレム

野中沙織です。

救世主になりたい

誰かの救世主になりたい。女神でもいい。

 

誰かを救って、信仰されて、「この人が言うのならまちがいない!」と思われたい。「この人のおかげで暮らしが快適になった」と思われることでわたしの給料を発生させたい。

 

わたしが司れる分野はかなり限られているので、その方面で人を助けたい。わたしが過去に抱えていたけどすでに解決した悩みを現在進行形で抱えてる人がいれば、助けてあげられるかもしれない。

 

 

なぜこんなことを言い出すかというとわたしの今年の目標は社会貢献だからである。社会に生きる誰かに貢献して、生活していきたい。

 

さすがに働かなくてはいけないから、たくさん求人を見たけど救世主にも女神にもなれなそうな会社しかなかった。そんな仕事全然したくない。

わたしは救世主業で食べていきたい。