わたしノープロブレム

野中沙織です。

満足度の高い休日を過ごせた記念の日記

先日、かなり満足度の高い休日を送ることに成功したので記念に書いておく。

 

 

お昼に友達と待ち合わせして、ご飯は何が食べたいか聞かれたから、朝から何となくずっと欲していたインドカレー(正確にはチーズナン)って即答したら、お店をすぐに探してくれた。

 

わたしはめちゃめちゃ食べるわりに食に関する関心があまりないので、食べたいものを聞かれてもその場では何も答えられないタイプの女なんだけど、その日はめずらしく明確に食べたいものがあって、それがかなりスムーズに叶うことにかなりわくわくした。

 

インドカレー(正確にはチーズナン)はすごくおいしくて、デザート食べたい〜みたいな気分にすらなれないくらいお腹いっぱいになって、本当に食べたいものだけで食欲を満たせる幸福感というものがあるな、と思った。

 

 

 

 

そのあと猫カフェに行った。

友達が以前行っていたので、わたしも行きたいと言ったらすぐに実現した。

 

寄ってくる猫に片っ端から名前をつけて、わたしのネーミングセンスがかなり和風だという気づきがあった。

 

大きくて丸くてモフモフの猫もかわいいけど、わたしはやっぱり毛の短い短気で神経質そうなシュッとした猫が好きかもな。そういう猫は接客に向いてないのか全然いなかったけど。

 

 

わたしは蕁麻疹が出やすい体質で、動物ともあまり長時間触れ合うこともできないのだけど、約1時間半ぼんやりしてる猫を突っつく程度なら問題なかった。

ただむかしは動物ずっと触ってるとものもらいになってて、終盤はまぶたが重たくなってきたのでちょっと危険な気がして出た。

 

本当に最高の空間で猫が何しろかわいいし、お茶飲み放題だし(熱くてひとくちも飲めないまま放置してたらどれが自分のかわからなくなって結局飲まずに終わってしまった)漫画もあってくつろげて、すごく良かったのでまた行きたい。オススメ。

猫カフェ MOCHA(モカ)

 

 

 

この前TwitterのTLで「欲しいものはそれだけの価値があるから実質無料」みたいなツイートを見かけたけど、本当にその通りだなと思う。

 

 

仲の良い人と、食べたいものを食べてそれがすごくおいしかったときの幸せも、飼うことはできないけどかわいい猫と触れ合いたいって欲求を叶えることも、お金を払って実現できるならラッキーだよね。

 

食べたいものは別なのに予約しちゃってるからとりあえず行くかーって思いながら食事することってたぶん結構あるし、一昔前は猫カフェなんてなかったから叶えることすらできなかった。

わざわざ海を渡って猫の島まで行っていた人もいたかもしれないけど、わたしはそんなことできないし。

 

猫カフェなんて200円/10分で結構いい値段するのだけど、なんの後悔もなかったもんな。そんな頻繁には行けないけど、これだけかわいいのだからそれくらいして当たり前とも思える。

 

 

 

 

奢りなら行ってもいいかなーって誘いはたぶん満足度の天井がかなり見えていて、あまり行く価値はないのかもね、なんて思ったりしたのでした。